ポン次郎のプラモ備忘録

「ガンプラは、どんな自由な発想で作ったっていいんだ」 をモットーに、出来の良いものも悪いものも次々公開していく予定です。

セカンドV(HGUC)

・プレバンで買ったセカンドVです。小説版Vガンダムに登場するMSで、ヴィクトリーとV2ガンダムの中間にあるような機体です。Vガンダム好きの自分としてはキット化待ちしていた機体であり、プレバンで発売されると知り迷わず即購入!しばらく積んでおいたものをようやく完成させることができました。背中のウェポン・プラットフォームのメガビームキャノンとミノフスキーシールドがV2とのつながりがある感じでとても良いデザインだと思います。本体はどちらかと言えばヴィクトリーに近いですね。

・キットそのものですが、HGUCのヴィクトリーと違って腕の関節が設定画どおりになっているのが大きな改善点です。腕も後ハメが不要(肘のでっぱりのつなぎ目が段落ちモールドになっている)、頭部、肩、足回りも大部分が新造パーツとなり、HGUCのヴィクトリーよりも組みやすく良いキットです。肩のリガミリティアのマーキングはRE1/100のガンブラスターのシールを流用しています。

・前回のレギンレイヴでエナメル割れを起こしてしまったので、今回は一度試してみたかった水性ホビーカラーによる墨入れにチャレンジしてみました。エナメル割れを気にせずに墨入れできること、水とマジックリンで簡単に落とせるのでふき取りが楽なこと非常に良かったのですが、デカールを貼るときのマークソフターやマークセッターが墨入れか所に流れ込み、塗料が一部落ちてしまったりしたので、もう少し練習が必要だと痛感しました。暖かい季節になってプラモが作りやすい環境になってきたのがうれしい限りです。

・勢いあまって光の翼を透明プラ板で自作したので、そちらもアップします。

f:id:okiraku-ponjirou:20220430010258j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010213j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010158j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010253j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010233j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010220j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010248j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010225j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010218j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010223j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010203j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010241j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010300j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010210j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010256j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010208j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010251j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010246j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010200j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010228j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010236j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010231j:image

・昔作ったV2アサルトバスターガンダムVダッシュガンダムとの対比です。
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010243j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010215j:image

光の翼(自作)>

f:id:okiraku-ponjirou:20220430183951j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220430184022j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430184024j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430184020j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430184017j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220430184015j:image

<製作日記>

・本体カラー

ホワイト:つや消しホワイト+グレー少量

レッド:モンザレッド

グレー:ジャーマングレー8、つや消しホワイト2

イエロー:ガンダムイエローにホワイト少量

ブルー:前にV2ガンダムを作ったときの残り塗料・・・

サーベルとシールド:クリアーレッド+つや消しクリアー少量、ホワイト少量

↓足裏はエポパテで埋めました。写真を取り忘れましたが、メガビームシールドの肉抜き穴もエポパテで埋めつつ、ビームライフルの下のグレネードランチャーの開いている部分はプラ板で埋めています。

f:id:okiraku-ponjirou:20220430010238j:image

↓アーマーの裏側はプラパンで埋めます
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010205j:image

↓仕上がりはこんな感じ。
f:id:okiraku-ponjirou:20220430010155j:image

光の翼はプレバンで発売されたものの青いバージョンがあるのですが、サーベルとシールドがピンクなのでそれに合わせる形でピンク色の翼が欲しいと思い、透明プラ板を切り出して作成しました。透明プラ板の数が少なかったので少し寂しい感じですが、うまくできたと思います。Mr.カラーの蛍光ピンクにつや消しクリアーを少量混ぜたものを吹きつつ、根本と羽根の先端部分はMr.カラーのクリアーレッドを重ね掛けしています。プラ板を重ねた部分をセカンドVのミノフスキードライブの付け根に入れるといい感じで固定されます。

f:id:okiraku-ponjirou:20220430184027j:image

光の翼はこちらを加工しました♪

 

HG 1/48 レギンレイヴ(シン搭乗機)

・今回は「86―エイティシックス―」の第2シーズンに登場する「レギンレイヴ」(シン搭乗機)を作成しました。4本足で高速移動する有人機で、足の動きが少しキモイです。ヨドバシで衝動買いしてしまいました。

・ギアーデ連邦による第三世代フェルドレス(=多脚機甲兵器)ということなので、マグノリア共和国のジャガーノートより良い機体なのかと思いきや、キットの説明書によると、『機動性のみを主眼にして開発されたため装甲防御は捨てており、登場したエイティシックスからは「共和国のジャガーノートよりは多少上等な、アルミの棺桶」と評される』とありました。装甲と武装宇宙世紀で言うところのボールですね(笑)。

・アニメの最終回はとてもいい終わり方でした。制作時に参考にしようと20話前後からもう一回見返していたのですが、見返していてラストの手の影が86の形になっていることに気が付きました、っても良い演出ですね。

・内部フレームがしっかりと作り込まれており、シリンダーが動くように作られていることを含め大変良いキットだと思います。足回りの後ハメは難しかったので諦め、今回は ①モナカ割の砲身の合わせ目消し&②パイロットのシンの腕を少し下げる&③カメラへのLEDチップ仕込み(電源は外から取る方式)の3か所のみ手を入れました。

・なお、足の付け根、高周波ブレード、ワイヤーアンカー、88㎜滑空砲等の赤色部分と滑空砲や本体の一部の白色部分はシールでの塗分けになっていますが、今回塗装時にはマスキングで塗分けています。パイルドライバーはそのままだと結構きつく、塗装がはがれる恐れがあったので、全体的にしっかりとやすり掛けをして少し細くしています。

・次は在庫のガンプラでも作ろうかなぁと思います。プレバンのセカンドVがあるので、それにしようかなぁ、などと思いつつ。

f:id:okiraku-ponjirou:20220414222058j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222050j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222055j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222111j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222105j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222124j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222108j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222126j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222103j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222116j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222053j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222121j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222114j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222045j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222119j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222100j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222042j:image

↓ シンは小さすぎて顔までは塗分けられず。ちょっと怖くなってしまいました(笑)元のキットより少しだけ腕を下げています。
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222039j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222048j:image

 

<製作日記>

・カラーリングはほぼ取説の指定通りです。

↓キットのシンのママだと、腕が宙に浮いて変な感じだったので、赤線部分でカットして、もう少し下げてから瞬間接着剤で固定しました。気持ち腕が下がって自然な感じにしています。

f:id:okiraku-ponjirou:20220414222453j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222456j:image

↓クリアパーツの裏に赤のLEDチップをグルーガンで接着しています。
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222417j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222423j:image

↓高周波ブレードを持たせるサブアームですが、エナメル塗料でバキバキに割れてしまいました(泣)エナメル墨入れ時には余計な力が加わらないよう、キットをばらしてから墨入れする方がいい、ということをすっかり忘れて作業してしまいました。。。接着しなおして、再塗装するはめに。
f:id:okiraku-ponjirou:20220414222420j:image

 

 

エルガイム(HGリニューアル)

・『重戦機エルガイム』より、初期の主役機エルガイムです。スパロボ最新作であるスパロボ30にて久しぶりの登場となりました。悪役顔のMk-2より、こちらのエルガイムの方が好みです。ゲームではダバがMk-2に乗り換えて以降は、アムとレッシイを交互に乗せつつ、優先的に出撃させていました(笑)

・ベースになったHGは結構前からあるキットのようですが、リニューアルにより脚部の合わせ目等が改修されておりサクサク組めました。一部、合わせ目けしと後ハメが発生しますが、総じてとても作りやすいキットでした。

エルガイムはスパイラルフローに乗ってのドッキング、パワーランチャーから伸びるケーブルを腰のエネルギーゲートに接続するしぐさ、あるいは脚部のランダムストレートが開いて滑空する姿が格好良く、正統派のリアルロボットだと思います。余談ですが、登場人物の名前が覚えやすく、富野監督のネーミングセンスのすごさに改めて驚かされます(ガウ・ハ・レッシイとかアマンダラ・カマンダラとか)。

・積みプラ在庫が減りつつある中、週末にガンプラを買いに新宿まで出かけたのですが、ほとんど売り物がない状況でした。まだいくつか積みプラが残っているので当面はそれで凌ごうと思いますが、「ガンプラがなければ他のプラモを作ればいいじゃないか!」ということで、しばらくはガンプラ以外のプラモもたくさん作ろうと思います!次はマクロスか、あるいは86か。。。何を作ろうか考えるのも楽しみの一つです。

f:id:okiraku-ponjirou:20220406011627j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011644j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011657j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011637j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011702j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011639j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011649j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011659j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011603j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011617j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011557j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011642j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011629j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011704j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011615j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011634j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011610j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011600j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011622j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011624j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011612j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011652j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011605j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011647j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011607j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011632j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011654j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406011620j:image

 

<製作日記>

・本体カラー(いずれもMr.カラーです)

ホワイト:スーパーホワイト+雲母堂本舗のMGパール

ダークブルー:ブルー5、ミッドナイトブルー4、レッド少量

ブラウン:カッパー6、ゴールド3、ブラウン1

グレー(武器):ブルーグレー+ジャーマングレー少量+黒鉄色少量

レッド:前回のリック・ディアスの余り

仕上げはスーパークリアーUVカット(光沢)です。

足の丸い部分、シールド裏、背中のブースターは塗り分けが必要なのでマスキングして塗装。セイバーの持ち手等は筆塗りです。

↓ 足は接着して合わせ目消し。後ハメができるようにピンを斜めにカットしつつ、受け側もCの字にカット。足のフレームの上部(写真下の赤丸)も後ハメができるように切り落としています。

f:id:okiraku-ponjirou:20220406012527j:image

↓ 腕の後ハメは赤の部分を切り取り「C」の字に分割。塗装後に後ハメしました。強度が心配でしたが、なんとか大丈夫といった感じです。
f:id:okiraku-ponjirou:20220406012522j:image

↓ 肘関節を回転できるよう、赤ラインの部分で切り飛ばし、下にジャンクパーツで稼働軸を設けました(HGBC 1/144 パワードアームズパワーダーのパーツを流用)。写真の軸では少し長過ぎてつっかえたので、後から少し短く修正し直しました。
f:id:okiraku-ponjirou:20220406012532j:image

↓ 赤い部分のピンを切り離し。
f:id:okiraku-ponjirou:20220406012529j:image

↓ 首のパーツは後ハメが可能となるよう、白い胸パーツの赤い斜線部を切り飛ばし。胸の逆Vの字のパーツも後ハメができるようピンをカット。

f:id:okiraku-ponjirou:20220406021720j:image

↓ 肩は後ハメが難しいので、段落ちモールドになるように加工しています。
f:id:okiraku-ponjirou:20220406012514j:image

↓ バスターランチャーの後ハメは一番悩みましたが、赤線の部分を分割してみました。ベストのやり方かどうかはわからないものの、自分としては満足いく形になったと思います。
f:id:okiraku-ponjirou:20220406012524j:image

↓ 赤で囲った切り離したパーツから先にハメます。このカットした部分はモールドのようになります。
f:id:okiraku-ponjirou:20220406012519j:image

↓ 毎回電飾したくなるのですが、今回もランチャーの先頭にはチップ型LEDを埋め込んでいます。今回は内蔵電源を入れるのは難しかったので、電源は外部から取り込みです。ランチャー基部にコネクターピンを設置。
f:id:okiraku-ponjirou:20220406012517j:image

↓ このような仕上がりになります。

f:id:okiraku-ponjirou:20220406222944j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220406012512j:image

 

 

ドダイ改(HGUC)

リック・ディアスの制作と並行してドダイ改を作成していました。Zガンダムの劇中では、ジャブロー降下後の地上戦で活躍したサブフライトシステムです。ガンダムMk-2やリック・ディアスがこれに乗ってアッシマーとの戦闘を繰り広げていました。リック・ディアスと同じくプレミアムバンダイで購入しました。

・キットそのものはよくできているので、手を加えたのは左右のエンジン部分周りの合わせ目消しと、エンジンブロックの中にクリアパーツを入れてディテールを施した点の2か所のみです。ベース部分の脇は合わせ目けしはせずモールドにしました。

・これまで作ってきたZガンダム系MSを乗せて色々撮影してみました。重量感があるのでMS2機のせも可能ですが、ガンダムMk-2、百式に比べてリック・ディアスが重いのでバランスを取るのに苦労しました。アムロ&クワトロ、クワトロ&カミーユアムロカミーユを組み合わせていたら楽しくなってきました。暖かくなってきたので、創作意欲が湧いて来ました。次は何を作ろうか悩み中。

f:id:okiraku-ponjirou:20220320011626j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011632j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011634j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011654j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011619j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011649j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011636j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011652j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011642j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011644j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220320011624j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011621j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011647j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011629j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220320011644j:image

↓2機乗っても大丈夫!・・・なんですが、リック・ディアスの方が重いのでちょっとバランスが悪いです(笑)
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011859j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011842j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011839j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011849j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011857j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011846j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011834j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011828j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011836j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011852j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011831j:image

↓昔作ったアムロ専用リック・ディアスと。旧キットはポージングに制約があります。
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011854j:image

<製作日記>

・本体カラー(いずれもMr.カラーです)

ブルー:インディブルー7:レッド3:ブラック少量

レッド:シャインレッド+モンザレッド(前回のリック・ディアスの余り)にブラウンと黒鉄色を少量

イエロー:ホワイト6:イエロー4

キャノピー部分:クリアブルー

仕上げに全体的にスモークを吹いています。本体の黄色のラインはスターウォーズのX-ウィングの余りデカールです。

・今回は改修はほとんど行っていません。下のパーツの合わせ目消し&クリアパーツ(裏に銅テープを貼ったもの)を貼り付けてディテールを加えた程度です。
f:id:okiraku-ponjirou:20220320011844j:image

 

 

 

 

 

 

リック・ディアス(HGUC)プレミアムバンダイVer

・というわけで久しぶりのガンプラプレミアムバンダイで発売されたリック・ディアスのアップデート版です。一般機カラーのものを購入しましたが、クワトロ機のカラーで塗装しました。

・プレバン版のリック・ディアスは、昔のHGに比べると足回りの可動域が広くなっており、また、肩アーマーのスラスターや腕・足のパイプなどのディテールが細かくなり改善しています。その一方で、頭部、肩アーマー、腕、腰、足(ふくらはぎ)、バインダー、クレイバズーカ、ビームピストルの合わせ目は昔のままのモナカ割りなので、最近のキットに比べるとちょっと手間がかかる感じです。

・後ハメが難しいので足はモールドにして合わせ目消しを省略しました。腰も目立たないのでこちらも省略。それ以外は地道に合わせ目を消しました。足回りとフロントアーマーが寂しいのでスジボリを追加し、バルカン・ファランクスの銃口もピンバイスであけております。

・今回もモノアイ電飾をしました。モノアイの裏側に白色LEDチップを入れて、胴体にボタン電池を仕込んでいます。今回は胴体に余裕があったので、プラパンで電池ボックスを自作できたので電池の仕込みは比較的簡単でした。また、スイッチを背中に持ってきたのですが、ちょうどビームピストルの裏側にあるので目立たない形にすることができました。

・腰裏のバーニア及びバインダーの底には別キットのバーニアパーツを流用しています(子供たちがブンドドして壊したガンプラからパクってきました。限られた資源の有効活用ですな笑)。腰のアーマー部分の下も、プラパンと市販のスラスターパーツを埋めています。まあ、全く見えないところなので意味はなかったかもしれませんが・・・。

・塗装について、本体の赤はMr.カラーのモンザレッド&シャインレッド(7:3)、胴体はレッドブラウン&GXクリアブラック&黒鉄色(5:4:1)、関節部分はニュートラルグレーに少量のブラックを混ぜています。バインダーと腰部アーマーの白い箇所はマスキングしてホワイトに少量のニュートラルグレーを混ぜた色で塗装してます。クレイバズーカもそのままだとのっぺりした感じになったので、バズーカの先頭部分に金色のラピーテープを貼ってみました。ビームピストルも一部だけ色を変えてみました。仕上げはつや消しです。

リック・ディアスZガンダムの冒頭から終盤まで活躍してくれますし、ドムを思わせる体形なのに小顔でスマートな感じがとても好きな機体の一つです。

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224601j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224553j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224612j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224544j:image

↓モノアイのライトを消すとこんな具合です。
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224605j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224502j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224532j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224459j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224519j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224506j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224442j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224526j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224444j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224457j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224509j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224447j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224439j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224437j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224517j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224535j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224522j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224538j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224454j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224450j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224513j:image

↓バルカン・ファランクスの銃口はピンバイスであけました。
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224541j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224529j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224616j:image

アーガマに配備されているMS達。壮観です。
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224620j:image

 

<製作日記>

↓モノアイの裏にあたるところにLEDを仕込んでいます。裏から光が漏れないよう、パテで埋めています。バルカン・ファランクスは後ハメが難しいので、ここだけあとから筆塗りで仕上げました。

f:id:okiraku-ponjirou:20220314225013j:image
f:id:okiraku-ponjirou:20220314225001j:image

↓背中にスイッチをグルーガンで固定しました。f:id:okiraku-ponjirou:20220314225004j:image

↓胴体に電池ボックスを設置しています。

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224952j:image

↓膝アーマー裏はプラ板で埋めました。
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224950j:image

↓腰のアーマー部分にもスラスターを追加しています(ほとんど見えない)。
f:id:okiraku-ponjirou:20220314225007j:image

↓フロントアーマーにスジボリを追加。足のスネからふくらはぎまの部分もスジボリを追加しています。
f:id:okiraku-ponjirou:20220314225010j:image

↓腰のアーマーの下とバーニア類を追加しているところのアップです
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224958j:image

↓背中のスイッチは上手く隠れました!
f:id:okiraku-ponjirou:20220314224956j:image

 

 

 

 

戦神丸( PLAMAX MS-01)

・久しぶりのブログ更新です。昨年は子供の受験勉強や仕事の環境変化でプラモの創作意欲が沸かなかったのですが、受験も無事に終わったのでプラモデル作りとブログを再開です。

・こちらはPLAMAXの戦神丸です。秋口ぐらいに作成し、しばらく前に完成していたのですが、アップするのが億劫だったので、リックディアスと纏めてアップです。

・自分が小学生の頃、魔神英雄伝ワタルがものすごく流行りました。龍神丸龍王丸についで好きだったのがこの戦神丸だったんで、思わず衝動買いです。スパロボデビューも果たしましたが、呼び出し方法が公衆電話からテレカなんですよね・・・時代を感じさせます(笑)

・プラモは①ちょんんまげの肉抜き穴埋めと、②刀の鍔と柄の部分を切り離し、真鍮線を入れて着脱可能にしたことぐらいです。

f:id:okiraku-ponjirou:20220314223919j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220314223931j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224000j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224009j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224122j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224134j:image

↓野牛シバラク流×の字斬り 

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224021j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224157j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224207j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224223j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224232j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224243j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20220314224250j:image

 

 

閑話休題(閃光のハサウェイ)

・ようやく上映が始まった閃光のハサウェイを見てきました!仕事を終えて近くの映画館まで。Ξとペーネロペーが動くところを見れる日が来るとは夢にも思わず。あっという間の95分でした。

・ダバオのタクシー運転手の「明後日のことは考えられない」というセリフは原作にもあるのですが、この下りがとても考えさせられます。日々の暮らしで精一杯の人に向かって「地球が持たない日が来ているんだ」というシャアやマフティーの考えは高潔すぎて、大衆には通じません。大衆は居住許可証を得るために腐った連邦政府につぎ込む金を稼ぐことしか考えないから、気に入らない特権階級を懲らしめるマフティーには共感しても、マフティーの本当の狙いである地球環境保全の考えに共感はしない。しかし、この会話の後も、ハサウェイは「例外規定があるからだめなんだ」と、その考えを改めるどころか、過激なテロに走っていくのです。

・これは、現代の気候変動対策、化石燃料を一方的に悪とみなす欧州(そして今は米国民主党の)インテリが考えた理想論と重なるように思えます。化石燃料は悪で今後は全て再生可能エネルギーにしないと地球が持たない、という考えはある種マフティーの理想論みたいなもので、欧州インテリの支持は得ても、世界レベルで大衆の支持を得られません。途上国に住まう人々は自分たちの島には石炭や石油を炊き続ける余裕があると考えるのです。そして欧米のグリーン・マフティー達は、化石燃料を正統化する一切の例外規定を問題視して、過激なグリーン・テロを世界に仕掛けるのかもしれません。現代が直面する課題を平成元年に小説にした富野由悠季の凄さを再認識しました。

・書庫の奥から原作を引っ張り出してきました。改めて読んでから、もう一回観に行こうかな。

f:id:okiraku-ponjirou:20210616182707j:image

f:id:okiraku-ponjirou:20210616192939j:image